アスクルの最新カタログを無料でお届けしております。

2009年04月30日

豚インフルエンザ対策は出来ていますか?

インフルエンザパンデミックに関して、WHO(世界保健機構)が豚インフルエンザの警戒レベルを史上初のフェーズ5に引き上げました。

(ご参考までに)
フェーズ1 (前パンデミック期)
人から新しい亜型のインフルエンザは検出されていないが人へ感染する可能性を持つ型のウイルスを動物に検出
フェーズ2 (前パンデミック期)
人から新しい亜型のインフルエンザは検出されていないが動物から人へ感染するリスクが高いウイルスが検出
フェーズ3 (パンデミックアラート期)
人への新しい亜型のインフルエンザ感染が確認されているが、人から人への感染は基本的に無い
フェーズ4 (パンデミックアラート期)
人から人への新しい亜型のインフルエンザ感染が確認されているが、感染集団は小さく限られている
フェーズ5 (パンデミックアラート期)
人から人への新しい亜型のインフルエンザ感染が確認されパンデミック発生のリスクが大きく、より大きな集団発生がみられる
フェーズ6 (パンデミック期)
パンデミックが発生し、一般社会で急速に感染が拡大している

アスクル本部では、対策本部の設置(本部長:岩田社長、副本部長:織茂取締役)、予防策の実施(マスク/手洗い/不要・不急の外出を避ける)社員、派遣スタッフへのマスクの配布及び備蓄、社用の海外出張全面禁止、個人の海外渡航に関する留意点と自粛(渡航先、渡航期間を人事に提出)、派遣会社、業務委託先に関するお願い(アスクルの対策と同等の対応いただくよう依頼)などを実行しております。

同じくアスクル代理店つばめやでも、上に準じた内容および、日本に感染者が出た場合の極端な時差通勤(電車など混雑した交通機関に乗らないよう)を検討するなど、警戒を強めています。

水際でウィルスが入らないようにするのは国に任せるしかありませんので、わたしたち一般の人間が出来ることは、予防しかありません。ウィルスが蔓延していない環境に身をおくことと、体に入っても感染しないような抵抗力をつけることです。

上で書きましたような時差通勤などでウィルスを家庭やオフィスに持ち込まないように務めることが第一ですね。つぎにサージカルマスクなど防護用品の備蓄です。新型インフルエンザのウィルスについて、各種マスクの信頼性がどれほどのものか、議論がなされていますが、しないよりはしたほうがいいに決まってます。
そして抵抗力のある体つくりですが、基本的には体温を高めに保つことが、ウィルスを寄せ付けないのに役立つといわれています。ですから、食べ物で工夫する(しょうがやにんにくなど、体が温まるものを多く摂るように心掛ける)とか、普段エレベーターのところを階段で上がって自家発電(笑)するとかいかがでしょうか。笑い事じゃありませんけどね。


・新型インフルエンザ記事一覧

>>新型インフルエンザの脅威には、こう立ち向かえ!

>>人命か事業か、新型インフルで問われる新たなBCP

>>新型インフルエンザの脅威【動画】

>>新型インフル対策、地方の現状・世界の状況小樽市保健所所長 外岡立人氏インタビュー

>>H5N1型という“敵”に日本が採るべき策国立感染症研究所研究員 岡田晴恵氏インタビュー

>>新型インフルエンザの“リアル”を語ろう WHOインフルエンザ協力センター長 田代眞人氏

>>新型インフルを迎え撃つ「3種のワクチン」【書評】

>>爆発する感染症の実態【書評】

>>発生は時間の問題、「21世紀のペスト」【書評】

>>十和田湖の白鳥、ウイルスは強毒型のH5N1型【ニュース】


アスクルではサージカルマスクをはじめ、手洗いのアルコールなど、新型インフルエンザ対策の商品も取扱っておりますので、ご利用いただければと思います。
posted by アスクル代理店つばめや高木芳紀 at 10:42 | TrackBack(0) | アスクルのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118327953

この記事へのトラックバック
アスクルカタログのお申込はこちら


アスクル代理店・株式会社つばめやは、渋谷駅から徒歩1分!

大きな地図で見る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。